スペイン音楽 − 光と陰



先日のギャラリー菊での演奏会、終演後📷


展示されていた作品の前で思わず満面の笑み😁




ソロでは、


パリ音楽院時代に出会ったアルベニス作品を。


当日もお話しさせていただきましたが、


スペインと聞いてパッと浮かぶのは派手で華やかなイメージ。




ただ実際は、


目を凝らさないと見えないものの存在が、


この音楽の中にも色濃く存在しています。




例えば、バルセロナのような誰もが魅せられる大都会でも、


一歩路地に入ったら湿った暗い雰囲気がそこにあるような。




光と陰、


喜びと哀しみ、


生と死。


性質の異なるものが、表裏一体のように存在し、


その狭間を目まぐるしく往来するような。




表面上には見えない部分に目を向けさせてくれる。




そういったこのアルベニス作品は、


これからも大切にしていきたいレパートリーです。